読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

360万パワー

1977年生まれ

よく飲む野菜ジュース、好きな野菜ジュース

ペットボトルの野菜ジュースを週に2,3本飲んでいます。朝から飲み始めて夜には飲み終えるような感じで1日で飲んでしまいます。そういう日が週に2,3日あります。そのおかげなのか、この冬は風邪もひかず、肌の調子もよく過ごせました。1日で1本は飲み過ぎではないか?と考える方もいるかもしれませんが、デルモンテの野菜ジュースには1食1杯飲めと書いてあります。デルモンテの野菜ジュースは900ml、コップ5杯分。デルモンテ的には1本で5食分なので、1日でそれを飲んでも飲み過ぎというほどではないでしょう。

野菜ジュースは色々な野菜を調理することなく、ただ飲むだけで摂取できるという点でよいかと思います。同じ銘柄を飲み続けるよりも色々な銘柄を飲んだ方が、さらに沢山の種類の野菜が摂れるだろうと考え、これといったものは決めずに色々と飲んでいますが、好みがあるのでよく飲むのは5種類くらい。というわけで好きな野菜ジュースを紹介します。

メーカー毎の印象

野菜ジュースと聞いて思い浮かべるのはカゴメでしょう。沢山種類があります。野菜生活シリーズは野菜ジュースっぽくないので

伊藤園は充実野菜シリーズが中心。充実野菜シリーズはカゴメの野菜生活っぽいやつで野菜ジュースっぽくないやつ。野菜生活と比べると沈殿物が少ないような気がします。そのためか野菜生活よりもさらに飲みやすいかと思いますが、ありがたみに欠ける気がしてあまり飲みません。他には1日分の野菜、理想のトマトなどがあります。

デルモンテキッコーマン)も定番っぽい野菜ジュースを出しています。ロゴからトマトケチャップを想起するせいか、飲む前はなんとなく他の野菜ジュースよりも濃いような感じを受けますが、そんなことはありません。でもトマトの割合が高い感じはあります。

カゴメの野菜ジュース系は非常に沢山の種類があります。種類が豊富というだけでなく、ペットボトルあ720mlでコップ4杯分と容量少な目という特徴も。伊藤園デルモンテは900mlでコップ5杯分。それでも値段はカゴメも他も同じくらいなので、カゴメはちょっと割高です。

よく飲む銘柄

デルモンテ 濃いラクベジ

たぶん3番目に多く飲んでいます。飲む回数はともかく、野菜ジュース系で一番好きなのはこれです。植物性乳酸菌が沢山入ったもので純粋な野菜ジュースではない気がしますが好きです。大塚製薬が「マサイの戦士」というやつを出していましたが、味は似ているような気がします。マサイの戦士はずっと前になくなったので、本当に似ているのか今ではわかりませんが。

一番の特徴は植物性乳酸菌が入ったヨーグルト風味。野菜ジュースで乳酸菌。乳酸菌のおかげなのか、まろやかな味で野菜ジュースが苦手な方も飲みやすいと思います。

これを飲むと恐ろしく便通がよくなる時があります。下痢みたいな感じではないのですが、なんじゃこりゃ!と思うくらいに。ペットボトルで258円と野菜ジュースの中では高いのですが、野菜ジュースの中で最も体に良さそうな感じがしています。

デルモンテ 濃いラクベジ 920g×12本

デルモンテ 濃いラクベジ 920g×12本

カゴメ 野菜ジュース 食塩無添加

たぶん1番多く飲んでいます。なんだかんだと色々な野菜ジュースがありますが、野菜ジュースらしい味の定番。これも好きです。カゴメのトマトジュースと野菜ジュースは食塩無添加とそうでないものがあります。塩が入っている方もたまに飲むのですが、やっぱりしょっぱいのが気になります。なのでしょっぱくない食塩無添加。昔からある味、野菜ジュースの基本を感じます。最近の野菜ジュースと比べたら飲みやすくはありませんが、その分体にはよさそうな気がします。

デルモンテも野菜ジュースを出していますが、こちらは青臭さがほとんどなくトマトジュースにかなり近い味なのでカゴメより飲みやすいかもしれません。カゴメ720mlで178円に対しデルモンテ900mlで158円とデルモンテカゴメより安くて量が多いのですが、私はカゴメの方が好きです。主に味が。

野菜ジュースはカゴメが夏に期間限定で販売するストレートの野菜ジュースが一番美味しいです。濃縮還元でないので、なんとなく体にもよさそうだし、そっちが売っている時はそっちを飲んでいます。

カゴメ スーパーベジ 高リコピントマトとプチヴェールミックス

たぶん2番目に多く飲んでいます。普通のトマトよりも1.5倍リコピンが入ったカゴメ独自のトマトを使った野菜ジュース。野菜ジュースといっても味はトマトとニンジンで、野菜ジュースはセロリ、パセリ、クレソンの味が強いですが、これはそれらが入っていないのでトマトジュースは飲めるけど野菜ジュースは飲めないという方でも飲めるかもしれません。

スーパーベジとして入っているプチヴェールは芽キャベツらしいですが、栽培しているプチヴェールを見るとキャベツには見えません。

対抗?商品に伊藤園は「理想のトマト」というのを前から出していて(カゴメより「理想のトマト」の方が先かも)、デルモンテも「リコピンリッチ」というのを最近出しました。たっぷりリコピンがなんとなく体によさそうな感じがしますが、実際の効果はわかりません。トマトジュースよりも色々入った野菜ジュースの方が体によさそうな気がするので「スーパーベジ」を飲みます。

カゴメ 高β-カロテンにんじんジュース

にんじん100%なので野菜ジュースではなくてにんじんジュースですが。にんじん中心の野菜ジュースは沢山ありますが、大手メーカーのにんじん100%は珍しいと思います。 高リコピンと同様にこちらもβ-カロテンの量が多く、食品成分表2010にんじんジュースに対し27%多いそうです。

味は後味がちょっと違うだけでオレンジジュースみたいな感じ。ペットボトルの底に澱がかなり溜まるのでありがたみがあります。248円くらいでちょっと高い。

β-カロテンを沢山摂取すると肌の色が好ましくモテるそうですが、実感はありません。みかんを沢山食べると手がみかん色になるので、にんじんジュースを沢山飲めば肌の色がちょっと変わってもおかしくはないと思います。モテるかはともかく、顔の印象はかわるかもしれません。

www.lifehacker.jp

カゴメ 野菜生活100 エナジールーツ

野菜生活は沢山ありますが、これはポリフェノールが沢山入ったやつです。野菜ジュースは沢山ありますが、ポリフェノールをフィーチャーしたものは見当たらないので時々飲みます。野菜生活シリーズはどれも飲みやすいですが、やっぱりこれも飲みやすいです。

ポリフェノールなのか、他の野菜生活シリーズよりも底に沈んでいる澱が多い気がします。よく振ってから飲みましょう。

伊藤園 充実野菜 緑の野菜ミックス

野菜ジュースの多くはトマト、ニンジンがベースとなったものがほとんど。赤系の野菜ジュースは託さありますが緑色の野菜ジュースはあまり種類がありません。色々なものを摂取しようと考え野菜ジュースを飲んでいるので、時々飲む緑色の野菜ジュースがこれです。

色からは想像できない味で、目をつむって飲んだらそれが緑色をしているとは全く想像もしないでしょう。全然青臭くも苦くもありません。野菜感も舌に残る固形物もなく、ありがたみのない味というか。

緑系野菜ジュースは他にカゴメの「食物繊維たっぷり青汁」がありますが、258円くらいと高いのにこちらも飲みやすい。青汁っていう商品名なのでさぞ飲みにくいのだろうと思って飲むと拍子抜け。やはりありがたさ半減です。

伊藤園 充実野菜 緑の野菜ミックス 930g×12本

伊藤園 充実野菜 緑の野菜ミックス 930g×12本

まとめ

カゴメばっかりですが、「濃いラクベジ」を除けばデルモンテ伊藤園も味でカゴメには敵わないと思います。ただカゴメは他と比べて量が少ない分、割高なので住み分けているのでしょうか。カゴメが美味しいです。

どうしてその辺で好き勝手にコスプレをしてはいけないルールが運用されているのか

コスプレ禁止が明文化されていない施設であればコスプレをしても構わないのではないか?問題ですが、コスプレ界隈ではルール違反、マナー違反とされています。どうしてそれがルール違反、マナー違反とされているのか少し書きたいと思います。

togetter.com

東山コスプレ問題について東山動植物園さんに聞いてみた。 名古屋オタ情報局

どこで着替えるのか問題

家でコスプレをして目的地まで移動する、というのであれば着替える場所は困りません。普通は目的地付近で着替えることになります。スタジオなりイベントでは更衣室が用意されていますが、動物園に更衣室はないでしょう。そうなると車だったりトイレの個室で着替えることになるかと思います。

車の中で着替えるのは問題ありませんが、トイレで着替えるのはダメでしょう。トイレで着替えても問題ない!と考える方は少ないと思いますが、それでもコスプレの着替えについてもう少し。

コスプレの場合、着替えるといっても1時間程度かかることが一般的で、場合によっては2時間程度かかります。服を着替えて終わりではなく、ウィッグをかぶってメイクをします。衣装も着替えやすいものばかりではありません。そんなこんなで1時間かかってしまいます。

1時間も個室が空かなければ確実にうんこが漏れます。

どこからどこまでの線引き問題

どのようなコスプレだったらOKでどこからがNGなのか線引きが出来るのかどうか、という問題があります。

例えば、公園で艦これの島風のコスプレをローアングルから撮影してもいいのか、ローアングルじゃなければいいのか、ローアングルじゃないけどお尻がほぼ見えていてもいいのか、などなど。島風ではなく艶漢はどうかゾンゼロはどうか、ダメな衣装とやっても問題ない衣装の境界はどこにあるのか。

衣装の露出具合の他にもオッサンのプリキュアはいいのか、というのもあります。プリキュア好きな幼児にオッサンのプリキュアコスを見られたらまずいから見えないようなところでやれ、というのはコスプレ界隈では一般的な考え方です。

プリキュアコスのオッサンの中にはあえて幼児に見せたくて公園のような場所で開催されるコスプレイベント中心に参加する人もいます。極端な例ではプリキュアショーにプリキュアコスするおっさんとか。逆に誰にも見られないように貸し切りのスタジオでしかやらない人もいます。色々と気を使ってプリキュアコスしているおっさんに対して気にせず公園でやったら?なんて言ったらたぶんブチ切れます。

艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 島風 1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 島風 1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

線引きする人は誰なのか問題

どんなコスプレなら大丈夫なのか自分で考えろ!と思う方もいると思います。ただ、線引きするのはコスプレを目撃する側にあります。

コスプレが可能だった施設がコスプレ禁止に変更される事が稀によくあるのですが、禁止になる理由はだいたい2つ。一つは施設を汚したとか壊したとか、もう一つは他の客からのクレーム。壊したは論外として、クーレムの方を。

クレームにも色々あるかと思いますが、よく聞くのは如何わしい撮影をしていたというもの。島風のように肌の露出が多いコスプレは当然、ポージングがエロいとかもクレームの対象です。ちなみに、如何わしい撮影をしている、AV撮影ではないか?というクレーム・通報はコスプレに限らずありますのでポートレートを撮影する方も要注意です。クレームが入りコスプレ禁止となった施設はそれなりにあります。

「飛影はそんなこと言わない」とは実際に言っていなかったのに、言っているものだと長く誤解されていたのは、そういうことを言いそうな人を我々が知っているからです。コスプレを見て「圧し切り長谷部」はそんなポーズしない!と感じる方もいるでしょう。薄い本は好きだけどコスプレは嫌いという方も少なからずいるそうですが、その理由はキャラクターのイメージを壊すからだとか。この辺はコスプレする人の間にもあって、テレビなどにも出たデブライブは代表的です。

どこからが如何わしいのか、どこからがそんなのは違うと捉えられるのか、コスプレをする当事者には完璧な線引きは出来ません。そのため目撃した人の線引きを優先すべき、というのが現在のコスプレ界隈の考え方です。

コトブキヤ 幽☆遊☆白書 ARTFX J 飛影 1/8スケール PVC塗装済み完成品

コトブキヤ 幽☆遊☆白書 ARTFX J 飛影 1/8スケール PVC塗装済み完成品

続・線引き問題

コスプレ禁止が明文化されていないけれど禁止の施設であれば、コスプレ禁止が明文化されている施設もあります。

禁止を明文化されていないから許可なり確認をとらずにコスプレをしてもいい、となっても何をやってもいいわけではない事は大半のコスプレイヤーが理解しています。ルールをゆるくしても明文化していなくても、それでもやっちゃいけない事は残ります。コスプレイヤー全員が共通の認識を持ちそのルールを守ることが出来ればいいのですが、そんなに上手くいかないでしょう。

そうであれば、一律マナー違反とした方がいいだろう、というのが現在の運用方針です。

コスプレは現状でも非常に気を使っている方とそうでない方の差が激しいのです。撮り鉄もたぶんそうだと思います。一部の撮り鉄の行為で全体が批判されてしまいます。撮り鉄の自浄作用がないのだから全体が批判されてもしょうがない、という方もいますが、そんなの無理でしょう。禁止されていなければ好き勝手にその辺でコスプレしても問題ない、となると大変なことになりそうだから、コスプレ全体が批判されるから一律禁止というわけです。

まとめ

このような理由やその他の理由もあり、その辺で好き勝手にコスプレしちゃいけない、というルールが運用されています。こういった事情を知ってもなお、法律や条例や施設側が禁止していないのだから問題ないと考えるのであれば、それはそれでいいかと思います。ただ撮り鉄のように何かあれば全体が批判されると予想されるので、文句が出て来るわけです。

360.hatenadiary.jp

どうしたらアメリカの車が日本で売れるのか

セダンを売る

アメリカの車は日本では大きすぎるから売れないといわれますが、じゃあ小さければ売れるかというと、そんなこともないでしょう。フォードやクライスラーが小さい車を作ったら日本でも売れるのかというと、厳しいでしょう。日本で売れている小さい外車は最近だとFIAT500、ポロ、ゴルフあたりでしょうか。Aセグメント、Bセグメント、CセグメントはベンツもBMWアウディもそんなに売れていません。

FIAT500が売れているからといってクライスラーの名前で出したら売れるかというと、そんなこともないでしょう。クライスラーにはそういうのを期待していないのです。ベンツにもBMWにもそういうのは期待していなくて、いかにも偉そうなやつを期待しています。

そしてベンツやBMWアウディが日本で沢山売っているのはセダンです。セダンは国内メーカーはあまりにも売れずにどんどん車種が減っていますが、外車のセダンは沢山走っています。山手線の内側で売れるセダンは半分が外車といわれるくらいです。というわけで、アメリカもセダンに的を絞って売ってみてはどうかと思います。

都内で大きい車は使い勝手が悪い!だから外車は売れない!っていう人がいますが、たぶん地方の方が軽自動車の割合は多いし、都内の方がSクラスや8シリーズ、A8のようなでっかい外車が沢山走っています。道が狭くても買う人は大きい車を買います。そういう人に向けて売ったらいいんじゃないかと思います。

キャデラックはたまに見かけますがイヴォーク並に売れてもいいんじゃないかと思います。

Maisto 1:18PE 1959キャデラック エルドラド PK

Maisto 1:18PE 1959キャデラック エルドラド PK

大きいのを売る

外車はドイツ車が沢山売れています。ベンツとかフォルクスワーゲンです。ベンツならなんでも売れるのかというと、そうでもなくて一番小さいAクラスはたぶん売れていません。Aクラスより何倍も高いEクラスよりも売れていないんじゃないかと思います。もしかしたら販売額ではSクラスよりも少ないかもしれません。フォルクスワーゲンもゴルフは沢山走っていますが、セダンは少ないし、Aセグメントの小さいUP!は売れていません。それぞれブランドイメージと結びつきの強い車種が売れています。

で、アメ車のイメージといえばでかい!サイズも排気量もでかい!というイメージが強いと思います。なので、4気筒なんか諦めて6気筒以上のエンジンを使ったものだけに絞る。セダンで大きいやつに絞って売る。具体的にどんなのがあるかよく知りませんがインパラとか。

マスタングムスタングに改名する

日本から撤退してしまいましたが、日本で最も有名なアメ車の一つがフォードのマスタングでしょう。このマスタング、昔はムスタングと呼んでいたそうです。

団塊世代にハーレーが売れているなんて話があります。でかいアメリカのバイクが売れるのだから、団塊世代にはでかいアメリカの車が売れる可能性はあるでしょう。そして団塊世代が若い頃はマスタングじゃなくムスタングだったので、日本語読みをマスタングではなくムスタングにしていたらもっと売れていたかもしれません。

アメリカレベル 1/25 フォード シェルビー GT500

アメリカレベル 1/25 フォード シェルビー GT500

カムリもアコードも逆輸入

アメリカのメーカーが売ろうと思ってもディーラーもなければ整備もパーツがなくて時間がかかる。そんなんじゃ売れるわけがありません。アメリカの会社の車が売れなくてもアメリカで作った車を日本で売ればトランプ大統領も納得してくれるでしょう。

なので日本のメーカーがアメリカで生産したものを日本へ輸出する。これなら売れるかもしれません。アメリカ生産するのに適しているのはカムリやアコードなどの北米で売れている車種、かつ日本でも同じものを売っている車種が適当でしょう。カローラやオデッセイは北米にも日本にもありますが、全く別の車なのでダメです。

ただカムリもアコードも日本では売れていないので、トランプ大統領を喜ばせるのは難しいかもしれません。

まとめ

キャデラックだけは、もっと売れる余地はあると思います。

あと、安っぽくてただでかいだけ、みたいなアメ車も売れる可能性はあると思います。なぜか外車は日本車並の快適装備が標準の最上級グレードみたいなのばっかり売りたがります。見えを張っているわけではないと思いますが、ドイツ車ならともかくアメ車なら安っぽくてもアメリカだからしょうがないよねって許される気がします。その辺は自信を持って売ればいいのにと思います。