読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

360万パワー

1977年生まれ

報道ステーション、古舘伊知郎の後任は土田だと思う

報道ステーションでキャスター、司会を務めている古舘伊知郎が降板ということで。

報道ステーションは中立なのか?

報道ステーションが中立かどうかの問題を考えた時、一番おかしいというか疑問を感じるのはその演出です。古舘伊知郎の喋る内容というよりも、効果音とか怯えさせるようなナレーションのあてかたとか、そういった演出にこそ中立なのか疑問に感じます。

中立ではないと言い切ることは凄く難しいけれど、中立を目指そうとしているとは思えません。ある程度の演出を行わないと視聴されないのかもしれませんが、テレビ朝日に限らず放送局は演出について見直す必要があるのではないかと思います。

ロイターがRAW現像禁止令を言い渡したのも過度な演出を嫌ってのことだと思いますが、日本のテレビ番組にも同じような姿勢が必要でしょう。

360.hatenadiary.jp

さて、古舘伊知郎の後継についてですが、名前が挙がっている富川アナはないと思います。というのも、報道ステーションに対する批判の矢面に立つのは古舘伊知郎だったからで、局アナである富川アナが後任になっては報道ステーション批判は即テレビ朝日批判に繋がります。

報道ステーションに対する批判は古舘伊知郎がキャラを作り、演じることでプロレスのようにがっちりと受けていたのかななぁと、今になって思います。 この辺は久米宏とは違うような気がします。 久米宏ニュースステーションに対する批判を久米宏が変わって受けていたような気がしますが、古舘伊知郎とは違い受けるというよりは気にも留めないという感じでした。

報道ステーションという名前を変えないということなので、後任は批判の受け方をどうこなすかが大切で、 報道ステーション批判の矢面に立てる人物が後任にあたるでしょう。

後任は芸人になる

では、どんな人物がふさわしいかと考えると、芸人ではないかと思います。 局アナ出身の独立したアナウンサーは今後のキャリアを考えるとやりたがらないと思うのが理由の一つ。もう一つは既に色が付いている人物では報道ステーション批判、特に中立ではないという批判にこれ以上耐えられないのではないかと思うから。

芸人だと政治的に色がついていないような印象を持たれているでしょう。芸人が真面目な顔をするだけで、なんだか深刻な印象をあたえることもでき、音や映像に頼らない演出も出来るでしょう。 土田晃之とかカンニング竹山辺りが有力だと睨んでいます。

芸人以外だとラジオ界からの投入もあるかもしれません。伊集院光宇多丸堀内貴之、最近何をしているのかわからないけど七尾藍佳とか。特に七尾藍佳は超が付くほどの才媛なので、メインを張るニュース番組は見てみたい。

でも土田晃之が最有力だと睨んでいます。

納得させる話力

納得させる話力