読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

360万パワー

1977年生まれ

高度に発達したtwitterはTumblrと区別がつかない

twitterが1万字まで投稿できる仕組みを導入するとかしないとか、しないかもしれないけど大反対とか。タイムラインに1万字とか流れてきたらすごくウザいというか、もはやスパムですが、導入時は”続きを読む”みたいな仕組みになるそうですから、いいんじゃないの?と思います。

Twitter上限1万字、反対派が79%を占める - ITmedia Mobile

そんなことよりも、公式アプリでタイムラインをきちんと順番通りに遡れるようにして欲しいです。わけのわからないハイライトとかいらんので。

さて、twitterに1万字投稿機能が追加されたらますますTumblrみたいになりそうです。Tumblrもフォローは出来るし、リツイートみたいなのもあります。GIFも沢山流れています。自撮りも流れてきます。

twitterTumblrが似ているところ

タイムライン

Tumblrtwitterと同様にユーザーをフォローして、タイムラインに表示することができます。色々なユーザーがいて、食べたラーメンの写真を投稿する人やグラビアアイドルのお尻を引用という名目で投稿する人などがいます。気になる人や知り合いをフォローしてタイムラインに表示させるのはtwitterと似ています。

twitterTumblrが似ていないところ

文字数に制限がない

本当にtwitterが1万字を解禁するかわかりませんが、Tumblrには文字数の制限がたぶんありません。Tumblrでそんなに大量の文字を書く人は珍しいので本当は文字数に制限があるのかもしれません。

クソリプが存在しない

twitterを地獄に変えるクソリプに相当するものはTumblrにはありません。リブログする時にコメントを付けることも出来るのでクソリプに相当することは可能ですが

botがいない

Tumblrはリブログばかりで使う人とブログのように使う人とにわかれます。twitterにはbotが沢山ありますが、Tumblrにはbotかな?みたいなリブログ職人はいますが、twitterによくあるbotはありません。全くないわけではないけれど、twitterみたいにポコポコはありません。twitterならbotにリプライ送る人を見るとあれですが、Tumblrならbotの投稿をリブログしても誰も何も思いません。

引用が行われる

Tumblrは引用という名の下に行われる投稿が沢山あります。twitterの場合、元のサイト、ページへのリンクを貼って引用する方は少ないような気がしますが、Tumblrでは紳士が多いのでしっかりとリンクが付いています。厳密に世界各国で要求される引用の条件を満たしているのか怪しいと思いますが、パツクイ上等のtwitterとはだいぶ違います。

人目につきにくい

NHKtwitterを今でもミニブログと呼んでいるのかわかりませんが、Tumblrミニブログという呼び方にそれほど違和感がありません。ブログ的に使う人は案外沢山いますが、Tumblrは検索にひっかかりにくい、ひっかかってもリブログされたものばかりで人の目につきにくいというのも、ともすれば炎上しがちなtwitterとは違います。ときどきはてブのホットエントリーでTumblrを使ったものが見られますが、なぜか元の投稿ではなく、リブログされたものだったりするくらいTumblrは埋もれがちです。

まとめ

twitterTumblr、似ているようでやっぱり違うような気がします。