読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

360万パワー

1977年生まれ

寝ている場所が舞台となる夢のせいで現実と区別がつかなくなってきた

最近、まるで幻覚のような夢を見ます。といっても幻覚を体験したことがないので、本当に幻覚に近いのかどうかわかりません。こういうのが幻覚なのかな、というくらいです。その「幻覚のような夢」がどのようなものかというと、寝ている場所で起こる夢を見るのが一番の特徴です。

夢って多くの場合どこなのか特定できない場所で起こる内容だと思うのですが、私が見る「幻覚のような夢」の場合は場所がハッキリとしています。夢で見る場所が寝ているその場所です。寝ている場所で起こる出来事を夢で見ると夢なのか現実なのか判断がなかなか出来ません。寝ている最中なのか覚醒しはじめなのかわかりませんが、夢が夢である自覚はある程度あると思います。夢の中でもこれは夢だなと考えることが。しかし、私が最近体験している幻「覚のような夢」は寝ている場所で起こる夢のせいで夢だということがなかなか理解できません。

次の特徴が、夢から覚めたあとに体が動かせない(動かせなかった)感覚が残ること。いわゆる金縛りのような状態から目が覚めます。金縛りの状態も覚醒していない夢の中の出来事だと思いますが、体が動かせない感覚は目が覚めてからも残っています。なんか変な感じで、どうにも言い現せないのですが、体が動く?みたいな感覚です。なので、幻覚のような夢だと理解して目が覚めたと確信してからも、なんだか怖い感じがします。

またパッと目が覚めないようです。ドラマや何かのように寝ていた上半身をバッと起こして「ああ夢か」みたいな極端なことはなくても、パッと目が覚めて「夢か」みたいな目覚めは実際にあると思います。しかし幻覚のような夢はパッと目が覚めずにゆっくりと視界が現実のものに変わっていくような感覚があります。写真の多重露光のような感じで像が重なったような感じになることもあります。もしかしたら覚醒する前に目が開いていて、頭の中で見ている夢と現実の視界とがごっちゃになって見えているのかもしれません。

ということで、最近見た夢でした。

見てしまう人びと:幻覚の脳科学

見てしまう人びと:幻覚の脳科学