読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

360万パワー

1977年生まれ

若者がすなるZOZOの後払いを試してみた

生活

ものは試しということで、ZOZOのツケ払いを使ってみました。

ZOZOのツケ払いの仕組みは、324円の手数料を払えば2ヶ月後までにコンビニか銀行で支払えばいい、というものです。今の季節ならお年玉をあてにした中高生が冬物を手に入れるにはいい仕組みかもしれません。クレジットカードを使っても支払い、引き落としは1ヶ月以上先になる事がほとんどだと思うので、クレカを使う方にはそれほどありがたいものでもないと思います。しかし、今時の若者は必ずしもクレカを持たないようなので、魅力はあるかと思います。

ツケ払いは手数料として324円かかりますが、ZOZOは代引き手数料も324円なので、代引きと同額の手数料で使えるというのは手軽といえます。これまでのネット通販のコンビニ払いも期限が1ヶ月くらいはあると思いますが、1ヶ月伸びて支払いまで2ヶ月あるのは学生にも気が楽なのかもしれません。

仕組みはともかく、実際はこんな感じでした。

まずは注文。商品によりツケ払いができないものがあるのかないのかよくわかりませんが、会員登録は必須です。ログイン後に注文をするとツケ払いが選択できます。

ツケ払いを選択しても、難しい規約が表示されるということもなくアッサリと注文は完了。商品が届いた後に請求書が届きます。コンビニ後払いはどこでも同じだと思いますが、商品受け取りを確認した後に請求書が送られてきます。支払期限は60日後とかではなく、2ヶ月後の同日となるようです。12月30日に注文した場合は2月30日とはいかないので、3月1日なのか2月28日なのかはわかりません。ただ、商品画面で支払日が表示されるので特に問題はないと思います。

後日送られてきた請求書をコンビニか銀行に持っていって支払えばそこで終わりとなります。支払期限が過ぎるとどうなるのかはわかりませんので、利用規約などを各自御覧ください。

というわけで、ZOZOのツケ払いは従来からあるコンビニ後払いの支払期限が伸びたものを上手いことネーミングしたものです。ただ、注文時点で支払期限がハッキリしているので注文しやすいかと思います。2ヶ月あれば少なくともバイトの給料やお小遣いが1回は出ると思うので支払いをイメージしやすく、注文につながるという判断でしょう。時期的にはお年玉の前借りというイメージで注文した学生もいるでしょう。

従来のコンビニ後払いとはちょっとした違いですが、ネーミングと相まって面白いサービスになっていると思います。