読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

360万パワー

1977年生まれ

写真集は撮りたいものを撮った結果じゃないし、写真は真実を写したものではない

カメラ

写真を撮ったり、見たりするのは好きですが、これには失望しました。

男女300人の絡みを撮影...知性と理性を吹っ飛ばせて見えた境地とは【大橋仁 INTERVIEW】|タブロイド - オトコをアゲるスマホニュース

はてなブックマーク - 男女300人の絡みを撮影...知性と理性を吹っ飛ばせて見えた境地とは【大橋仁 INTERVIEW】|タブロイド - オトコをアゲるスマホニュース

失望っていうのはブコメの内容で。

撮りたいより見せたい

失望の1つが、この写真集が撮りたいという気持ちの発露だと捉えられている点。 これは全然違う。

撮りたいという欲望ももちろんあるけれど、写真集や写真展というのは見せたい、見てもらいたいという気持ちの方が強い。 見せて欲しいからこそ写真集や写真展という形にしているので、撮りたいものを撮ったから写真集や写真展にしているわけではないのです。

卵が先か鶏が先か、みたいに思われるかもしれませんが、違います。 見せたい欲求が先です。 もちろん撮りたいが先行して、写真集や写真展になる事もありますが、これは違う。

撮る前から見せたいというのはおかしいのでは?と思われるかもしれませんが、見せたいものをイメージしているからこそ、体位やら指定した写真を撮っているのです。

演出する理由

続きになりますが、体位を指定したり、予め構図を決めて撮影に挑んだのは、ドキュメンタリーでも記録写真でもないからです。

見せたいものを撮るためで、そのために映画なら絵コンテを作って撮ります。予め作りこんでから撮るなんて当たり前なのに、写真になると突然それを否定する。どうしてですか?

真実を写すかのような”写真”という訳語にもそれは現れていますが、photographは必ずしも真実を写すわけではありません。

写真というメディアを使っただけで、写真は手段です。目的ではありません。何を見せたいのか、それが目的です。

写真集見たのか!

一番いいたいのはこれ。写真集見たのかどうかわからないけど、恐らく見ていない人が見ていないものを否定する!

見ていない映画を批評したらバカ扱いなのに、写真集はそれが許される。なぜでしょう?

1つは写真集というものを見たことがないから。写真集を見たことがないから、数枚の写真でわかったような気になる。

だから平然と批判してしまえる。

もう一つは、バカだから。これはしょうがない。

と言っても、私もこの写真集は見ていない!けど、なんだかムカついたので書きました。 大橋仁の「いま」はそんなに高くないし、わかりやすいと思うから見たらいいよ。

そこにすわろうとおもう

そこにすわろうとおもう

いま

いま