読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

360万パワー

1977年生まれ

おっさんのプリキュアコスは場所を選ぶべき

prehyou2015.hatenablog.com

コスプレやっている方はわりと、このブログの意見に賛成するのではないかと思います。しかし、ブコメ見るとそうではないようです。

さて、ブックマークコメントに見られる勘違いの一つがコミケの話をしているわけではないのに、コミケの話をしているとした前提のコメントが見られます。コミケのようなところではなくて、というのがこの記事の肝かと思います。

コスプレを行う場所について

コスプレというのがどこで行われているかご存知でしょうか?コスプレを行う場を大きくわけるとイベント、スタジオ、ロケの3種類があります。この記事で問題視しているのはイベントでのコスのあり方です。 イベントというと、最も有名なコミケを想像するかもしれませんが、コスプレだけのイベントというのは規模の大きいものや小さいもの、何かしら毎週のように日本全国で行われています。それだけ行われていても見たこともない方が多いと思います。多くのコスプレイベントでは公共施設の一部を貸しきって行われます。こういったイベントはイベント参加者以外の出入りはないので、基本的には見ることができません。

一方で、参加者以外にも丸見えのイベントもあります。公園、遊園地などで行われるイベントです。最近では街の中でイベントが開催されることも増えてきています。なので、コスプレが行われると知らずに遭遇する方が出てきます。見せないように避ける、という事が難しいコスプレイベントも存在します。

男性が行うプリキュアコスのパターン

さて、男性のプリキュアコスについてです。パターンをいくつかわけると

  • 女装を目指しているもの
  • ムキムキの人がネタでやるもの
  • きぐるみ
  • おっさんの着ただけ というようなものに多くは当てはまると思います。プリキュアじゃなくても、アイカツ!も似たような感じです。

女装を目指しているものというのは、キャラに寄せるコスプレということです。しっかりと衣装を着て、メイクをちゃんとやる正統派のコスプレです。

ムキムキの人がやっているのはTwitterなどで見かけたことがあるかもしれません。今回のコミケでもプリキュアではありませんがムキムキの魔法少女コスはいたようです。

きぐるみはやっている方の意識が高いというか、きぐるみはコスプレ界でも圧倒的に少数で気を使うらしく、オープンな場のイベントにはほとんど出てこない方が多い気がします。

最後のおっさんの着ただけ。メイクも行わない衣装を着ただけ。「着ただけ」というのはコス界隈ではよく使われる言葉で、キャラを演出しようとする意図がないものを指します。キャラによらずメイクが一緒のレイヤーを「あの人は着ただけだ」みたいな感じで使います。ちなみに、キャラの言葉遣いなどまで真似するのは「なりきり」と呼ばれますが、「なりきり」の知らないレイヤーに絡まれるのがウザいなどの理由から、あまり好まれません。

冒頭の記事ではおっさんの着ただけに遭遇したのではないかと思います。程度の差はありますが、大人が見ても衝撃をうけるようなプリキュアコスのおっさんはいます。具体的な画像のURLは貼りませんが、画像だけでも衝撃を受けるものもあります。そういったおっさんに対し、コスプレ界隈は割りと厳しく、場所を選べという意見は多いと感じています。

私はどう考えているのかというと、やっぱり場所を選べと考えています。コスプレの多くは著作権のあるものを権利者の同意なしに行っています。コスプレは二次創作と同様の扱いを受けていますが、同人誌においても過ぎたものは警告を受けるようにコスプレも同様だと思います。雉も鳴かずば撃たれまい、でコスプレは場所を選ぶべきです。

コスプレイベントでも参加者しか出入りしない、見られないイベントもありますし、スタジオも出入りするのは利用者だけです。そういった場所を選べばいいと思います。

おっさんのプリキュア以外でも場所を選ぶ

ちなみに、コスプレ界隈で場所を選べといわれるものに捏造、BLなどがあります。捏造やBLはイベントでも行わないのが暗黙のルールという感じで、スタジオでも貸し切りのタイプや自宅、ラブホなどで行われることが多くなっています。

「捏造」というのは作品中や公式グッズなどに登場しない衣装のコスプレを指します。最近「捏造」が多いものはおそ松さんだと思いますが、おそ松さんは作品中に女体化が行われたり、公式グッズには二次創作を元ネタにしたのではないか?というものまであり、「捏造」かどうかの判断が簡単に行えないくらい複雑です。

BLの場合は作品に元々は存在しない同性愛表現、BLを受け入れてもカップリングの組み合わせに好き嫌いがあるので、同好の士にも安易に見られてはならない、という感じになっています。イベントでガッツリBLっぽい写真を撮るとかなり叩かれます。

最後に

元となる作品あってのコスプレですので、作品の権利を犯す、イメージを悪くするようなものは避けるべきで、やりたいなら誰に見られるのかを意識する必要があると考えています。

法定スピードを守るのは当然なのですが、この痛車のオーナーの気持ちは大切だと思います。